シティサイエンス株式会社

ライフスタイルについてビレガルマスターの庭

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

真に豊かな暮らし、はじめませんか?

ビレッジガルテンの暮らしについてすこしおわかりいただけましたか?

「経済的豊かさはに暮らしの豊かさに直結しない」「国民幸福度の高い国は経済的に豊かな国とは限らない」「今ほどモノやお金が溢れてなかった時代のほうがゆとりや安心をもってくらせていたのではないか?」「プライバシーとご近所付き合いは本当に両立できない?」「合理性、利便性が本当に良質住宅を測れるモノサシ?」「住宅購入は妥協の連続?」…

img01

シティサイエンス(株)は1999年の創設以来、“真の豊かさとは何か”を見つけるために生まれ、たくさんの疑問をもちより、丁寧に検証していくことで現在に至っております。つまり豊かに暮らすためにライフスタイルはどうあるべきかをサイエンスし続けることが変ることの無い私たちの事業の根幹なのです。

さて「豊かに暮らせる方法」はおそらくたくさんあるのでしょうが、私たちが最短かつ最も効果的と考えるのがビレッジガルテンというライフスタイルです。

ビレッジガルテンというライフスタイル

  • 豊かさを測るモノサシを経済や合理性ではなく、時間の中にある笑顔の数に替えていく。
    (私たちはこのモノサシをGFHと呼んでいます。詳しくはビレッジガルテンプレスのバックナンバーをご覧ください。)
  • コミュニティを育んで見守り合って暮らしていく。
  • 大きな庭を共用し、緑と共生し喜びを分かち合う。

触れ合う為に、そしてすこし面倒を楽しもうとする勇気と覚悟は必要なのかもしれませんが、結果はVTRでご覧いただいた通りです。ビレッジガルテンというライフスタイルの街はうらやましいほどの成長を見せながら、関西各地に息づいています。はじめの頃はお客様にも学者の方にも「新しい住宅のカテゴリーだ。」というお言葉をいただいていたのですが、最近は実際に街が動き始めた為かその内容も変わってきました。

「どこか懐かしい空気感がある。」
「これは何十年か前の日本かもしれない。」
「新しいのではない、むしろ昔へ返っている。」


そう、“ビレッジガルテン”は、実は何も新しいものではなく、現在の日本が失いつつある「向こう三軒両隣」や「見守り合い」というものの復活なのかもしれません。そう考えると日本人は豊かになれる方法をこの数十年で見失ってきたんじゃないかとも思えるのです。

さあ、あなたもビレッジガルテンはじめませんか。

詳しく見る
バックナンバー ビレッジガルテンプレス2009 ビレッジガルテンプレス2010

Copyright©2011. CityScience Co.,Ltd. All Rights Reserved.